スタッフブログについて

地域の皆さまに寄り添って、地域に根ざしたかかりつけ医を目指しています。

診療時間 祝日
内科 整形
9:00~12:00
15:00~19:00
  • ※ 各診療開始時刻の30分前から受付開始
  • ※ 当番日は、受付時間8:30~17:00、診療時間9:00~17:00
  • ○:各診療終了時刻の30分前まで受付
  • △:整形は12:00まで受付
  • ●:19:00まで受付
  • ■:日曜は診療時間 9:00~13:00(13:00まで受付)
  • ▲:水曜は診療時間 15:00~18:00(17:30まで受付)
  • 電話番号:0439-80-1110

    無料送迎専用番号:090-3497-2230

ブログ

花粉症について


こんにちは。さくらクリニックの石代誠です。

今週は今がピークの花粉症についてお話します。

いまや国民病のひとつとなった花粉症患者の数は年々増加しています。

初めて症状が出たとき最初は花粉症だと気付かない人が多いようなので、花粉症と風邪の違いをご紹介しましょう。

 

花粉症                       風邪

鼻水     さらさらした水っぽい鼻水       さらさらから粘性のある鼻水へ変化する

鼻づまり   症状がひどく両方の鼻がつまることも… 両方同時につまることはない

くしゃみ   連続して何度も出る          出るけれどそんなにひどくはない

目のかゆみ  あり                 なし

熱      なし(あっても微熱)         あり

天気との関係 晴れ、風の強い日に症状がひどくなる  関係ない

 

このように風邪と花粉症はよく似た症状ですが、くしゃみや鼻水など一つ一つの症状をみると特徴がそれぞれ異なるのです。

この違いを知っておくことで症状に適した対処ができます。

花粉症の原因となる花粉はスギだけではありません。

他にもヒノキ、マツ、ブナ、カバノキ、イネヨモギ、ブタクサなどがあります。

自分が何のアレルギーなのかわからない方は当院でアレルギー検査も行っているので、相談してください。

 

鼻水、くしゃみ、目のかゆみ以外にも花粉症により頭痛、イライラする、憂鬱になる、集中力が低下する、肌荒れなどの症状がみられることがあります。

そして近年は、子供の花粉症も増えています。

子供の花粉症が増えている理由として次のことが考えられます。

・昔に比べてきれいで清潔すぎる環境によりアレルギー反応を起こしやすくなっている。

・スギやヒノキが増えて、子供の頃から花粉を吸い込んでいる。

・ドライノーズ(通常は湿っている鼻の中が乾燥してしまいカサカサになっている状態)

花粉症対策としてマスクやメガネは必要ですが、他にも食事で症状を軽減させることもできます。

そこで症状を軽くしてくれる食べ物と悪化させてしまう食べ物をまとめました。

 

~花粉症対策に良い食べ物~

★ レンコン

★ ふき

★ 青魚

★ わさび

★ きくらげ

★ 納豆

★ しそ

★ いちご

★ えごま油

★ 玉ねぎ

★ バナナ

★ ミントのガム

~花粉症を悪化させてしまう食べ物~

★ 生のトマト

★ グレープフルーツ

★ 牛乳

★ メロン

★ セロリ

★ チーズ

★ きゅうり

★ さくらんぼ

★ 小麦粉

★ りんご

★ ソーセージ・ハム

★ 砂糖

 

食べ物で対策や予防されている方は、それほど多くはないかもしれません。

ですがお薬と毎日の食事で予防したら、今よりもっと症状が緩和するかもしれませんので是非、試してみて下さいね。