スタッフブログについて

地域の皆さまに寄り添って、地域に根ざしたかかりつけ医を目指しています。

診療時間 祝日
内科 整形
9:00~12:00
15:00~19:00
  • ※ 各診療開始時刻の30分前から受付開始
  • ※ 当番日は、受付時間8:30~17:00、診療時間9:00~17:00
  • ○:各診療終了時刻の30分前まで受付
  • △:整形は12:00まで受付
  • ●:19:00まで受付
  • ■:日曜は診療時間 9:00~13:00(13:00まで受付)
  • ▲:水曜は診療時間 15:00~18:00(17:30まで受付)
  • 電話番号:0439-80-1110

    無料送迎専用番号:090-3497-2230

ブログ

人命救助(AED)について


こんにちは。さくらクリニック 石代 誠です。

今日は人命救助の正しい方法についてお話しましょう。

 

人命救助は2010年に救急蘇生法が変更されました。

新しい救急蘇生法では倒れている人の”意識と呼吸がない”のが確認されたら、人工呼吸をせずにいきなり心臓マッサージを行っても良くなり、その後も一切人工呼吸をしないで心臓マッサージのみを行うということでも良いことになりました。

心臓マッサージだけでも十分に救急蘇生効果があるのです。

もちろん可能ならば人工呼吸やAEDを併せて行うのが良いですが…

 

心肺停止して3~4分以内に心臓マッサージやAEDにより血液の循環機能を回復させることができれば、その後の身体機能などの回復が極めて良好であり、後遺症もかなり軽くすみます。

つまり心肺停止後、いかに少しでも早く心臓マッサージを開始できるか?がその後の、その人の人生を大きく左右するのです。

 

日本では119番通報してから救急車が到着するのに平均で約7分かかります。

ですから倒れている人の近くに居合わせた人が、できるだけ早く心臓マッサージを始めることが人命救助には極めて重要なのです。

 

-救急蘇生法の具体的な流れ-

1.まず初めに意識と呼吸の確認を行って下さい。

意識の確認は、倒れている人の肩をたたきながら「大丈夫ですか?大丈夫ですか?」などと、できるだけ大きな声で呼びかけて反応の有無を判断します。

呼吸の確認は、倒れている人の胸と腹部の上下の動きの有無を見て呼吸しているか判断します。

※意識と呼吸の確認ができない場合は、すぐに「誰か来てください!人が倒れています!」などと大声で周囲の人の協力も求めて下さい。

同時に一刻も早く119番へ通報して下さい。

また周りに人がいれば、AEDが近くにあるようなら持ってきてもらって下さい。

意識と呼吸の確認ができた場合でも119番通報して、下記のような回復体位(昏睡位)という姿勢にして下さい。

2.口の中に食べ物などの異物が入っていないか確認して下さい。

(異物が気道をふさぎ、呼吸困難な状態になってしまうのを防ぐため)

3.多量の出血がある場合は、まず止血が必要です。

止血するには傷口より心臓に近い(拍動している)動脈の太い血管の上の皮膚を手のひらの付け根及び布で強く圧迫し続けることが非常に重要です。

ただし倒れている人が感染症に患っている可能性がありますので、できれば血液に直接触れないで対応する方が良いでしょう。

★体重52㎏の人で2ℓ程度の出血があれば死亡してしまう可能性もあります。

4.気道の確保をします。

ただしプールでの飛び込み直後の(頭部のプール底部への強打による)意識不明による救急蘇生では(頸椎損傷の疑いが高いので)頸椎を極力動かさないようにする必要があり額の部分での押し下げは行わず、下顎骨の挙上だけを行って気道確保します。

5.心臓マッサージを実施します。

心臓マッサージの具体的な方法は手のひらの付け根の部分で胸骨を大人の場合で毎回5㎝以上沈み込むように1分間に100回以上のリズムで断続的に押して下さい。

6.AEDの実施

可能ならば心臓マッサージをしながらAEDも試みます。

しかし周りに人がいなくてAEDを用意できない時は心臓マッサージだけを救急車が来るまで続けて下さい。

決してAEDの為に心臓マッサージを中断してはいけません。

あくまで他に協力者がいて、心臓マッサージと並行してAEDも準備できる場合のみAEDを試みて下さい。

※AEDとは「突然心臓のリズムに異常が発生した人」の心臓のリズムを電気ショックを与えることにより再び正しいリズムに戻し、蘇生するため治療機器です。

すべてのAEDの器械には操作時に音声ガイドが必ず流れることになっていて、たとえ取扱いがまったく初めての人でも音声ガイドに従えば必ず正しく作動でき、またすべてのAEDには安全装置が付いていて、たとえもし心臓が動いているのに誤作動させてしまった場合でもAEDの器械自身の内部で正しく判定し、作動しないです。

AEDに触れるのが初めての人も、このような場に遭遇したらためらわず、勇気を出して積極的にAEDを操作して下さい。

救急車が到着するまで、または意識や呼吸が回復するまで心臓マッサージは途切れることなく続けて下さい。

(可能ならば複数の人々が交代しながら行うとより良いです。)

もしも意識や呼吸が回復した場合は心臓マッサージを中止して回復体位にして救急車の到着を待って下さい。

以上、人命救助についておわかり頂けましたでしょうか?

いつ、どこでこのような場面に遭遇するかわかりません。

頭の片隅に少しでも人命救助についての情報があれば、もしかしたら一つの命をあなたが救えるかもしれませんよ!(^^)!